専用の商品もあります

住宅

ネズミによる被害を防ぐには、ネズミ駆除が有効とされています。ネズミ駆除にも、個人で行なう方法と業者へ依頼する方法の2つがあるのです。費用をなるべく抑えたい場合は、個人で行なうことが適していますが、確実に駆除をしたいというのであれば、業者へ依頼しましょう。

異常な羽音への防衛措置

蜂

異常な羽音がしますと、家屋の軒下や屋根裏等に蜂が営巣している可能性があります。この蜂がスズメバチであった場合、生命に危険を及ぼす場合もあります。自力での駆除は、かなり危険な作業となります。そこで、専門業者に駆除を依頼することで、安全作業による駆除によって安心した生活を取り戻すことができます。

駆除前に巣で種類を知ろう

蜂の巣

蜂を退治したい時には、まず始めに蜂の巣を確認します。蜂の巣を見れば危険性の高いスズメバチなのか、スズメバチほど危険性のない蜂なのかが分かります。特定した後に業者に依頼したり自力駆除の準備をすると良いですが、見ても分からない場合は、駆除の前に専門業者に見に来てもらって、種類を特定すると良いです。

清潔で安心した生活を

ハクビシン

追い返すのが基本

ハクビシンは、勝手に家の敷地内に侵入しては農作物を荒らしたり、子供を産んで繁殖する害獣ですが、実は鳥獣保護法に守られているため駆除することができません。一般の方にはハクビシン駆除は余程の理由がない限り認められず、猟師の免許が必要なこともあるので、捕獲や駆除は基本的にできません。その家に住む人たちができるハクビシン対策は、忌避剤などを使って追い返すか、ハクビシンが家に寄ってこないように、生ごみを外に放置せず、ポリバケツに入れて密閉するか、庭のゴミ掃除をしっかり行うしかありません。法律に守られているという厄介な動物でもあるので、腹立たしいと思うこともあるかもしれませんが、まずは対策してみましょう。

業者に相談する手もあり

ハクビシン対策は、ホームセンターやネット通販でも買える忌避剤や忌避スプレー、農作物にはネットを張るといった、グッズを使った方法もあれば、掃除や残飯処理を徹底し、ハクビシンに気に入られないようにする環境作りなど、様々な方法があります。しかし、それでもハクビシンは何処からともなくやってきてしまうこともあるでしょう。どんなに対策しても寄ってくるという時は、思いきってハクビシン専門の駆除業者にお願いしてみてはいかがでしょうか。プロの業者に頼めば、手続きや申請も必要ありませんし、自分が見落としているところにも気付いて対処してくれます。また、ハクビシンに住み着かれてしまった方は、早めに業者に相談した方が得策でしょう。

Copyright © 2017 敷地内にハクビシンを侵入させないように対策しよう All Rights Reserved.